にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
いつも訪問ありがとうございます。

  EA & 取引ツール & ブログ更新の励みになります!
    アツき応援をよろしくお願いします☆彡

 全記事一覧   HOME » 2011年06月

pipsと騰落率  


私は基本的にpipsというものを使用しません。
なぜなら取引対象が変わる場合、価格帯も違えばロットも違うため、一括りするには適切ではないと考えているからです。

複数種類の取引があると、pipsではプラスでも金額がマイナスになることもあります。
例えば、価格が2倍近く違うNZドルとポンドを同じロットで取引したら、簡単にpipsと金額は逆転してしまいます。
取引対象が同じでも、数年間で大きく価格帯が変わっている場合も同様です。


ちなみにEAでストップやリミットをpipsで設定すると・・・
騰落率は大して変わらないのに、pipsの変動幅は価格帯によって大きく変わってしまうため不適格です。
これでは将来的にも不安だらけになってしまいます。

そんな理由なので当然ながら、その時の価格に対するパーセントで設定して、価格帯の大小で受ける影響を無くしています。

 この記事にコメントする

最新コメント

リンク

最新記事

ブロとも

category: 開発スタイル

tb: 0   cm: 0

▲ Pagetop