にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

★ 励みになりますので応援ヨロシクお願いします ★

通信回線とVPSリモートデスクトップ  


EAを稼働させるには、PCを用意してMT4をに設定する必要があり、設定にも稼働にも通信環境も必要となります。

現在では物理的にPCを所有しなくても、ネット系サービスのリモートデスクトップ(RDP)だけで実現させることもでき、機能的にはどちらも大差がないので、ランニングコストとマシンのスペックと初期費用が比較対象になります。

①ランニングコスト
PCの場合は電気代と通信費で、RDPの場合はサービス利用料です。
※RDPそのものには通信費はかかりませんが、RDPを利用するための通信費は必要です。

②マシンのスペック
PCの場合は購入費用で上下しますし、通信のプランでも上下します。
RDPではPCほどのハイスペック環境は作れない事と、プランにかなりの違いがあり、料金は高額になりやすいです。

③初期費用
PCの場合は購入費用で、RDPの場合は初回の契約費用で、どちらが高いかは言うまでもありません。


どちらが良いかは人それぞれですし、PCもRDPもEAの稼働専門である必要はなく、別の用途と兼用する事もできます。
特にRDPではファイルサーバーやホームページサーバーとの兼用ができるのは、PCにはないメリットです。

MT4に特化した専用VPS


通信環境についてはPCの場合は、光回線が良いでしょう。
RDPならこうした通信回線を使わずに、スマホからの操作だけというのもアリです。

NTTの光回線 フレッツ光

 この記事にコメントする

最新コメント

リンク

最新記事

ブロとも

category: トレード環境

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

→ http://tpsfxea.blog.fc2.com/tb.php/150-ae3412c0
  この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 全記事一覧   HOME » トレード環境 » 通信回線とVPSリモートデスクトップ

▲ Pagetop